枠
地下室の設計・施工の株式会社アイ・ベースメント
お問合せ
資料請求
*

〒572-0013
大阪府寝屋川市三井ヶ丘1丁目4-9-302

*
“ちかやねん”はここが違う
トップページ
地下室の特典
ちかやねんはここが違う
商品紹介
利用の仕方
工程
Q&A
会社概要
*
鋼製地下室“ちかやねん”はここが違う

1.鋼製地下室“ちかやねん”は特許製品

「ちかやねん」は短辺方向に型鋼を口型に組み、各コーナーを溶着した「ラーメン構造」、長辺方向は鋼板と型鋼による「耐震壁構造」の二種類の強固構造をミックスして製作されています。

この工法が特許承認を受けた「ちかやねん」の製作方法です。

2.阪神大震災に負けなかった頑丈な「ちかやねん」

日本の地質は地下水位が高く、軟弱な地盤が多い。
そのようなところに地下室を設けるには土圧・水圧・浮力に負けるような地下室では通用しません。

そこで「ちかやねん」は日本建築総合試験所で耐力検査のため破壊テストを受けました。
これは躯体に40〜50tの荷重をかけ、変形やたわみの状況を確認する試験です。
結果、寸部のたわみも無く、びくともしない頑丈さを発揮しました。

地下室パネルの垂直/水平力検査の写真

阪神大震災時に「ちかやねん」付の住宅が29棟関西にありました。地中にある「ちかやねん」は周囲の土が緩衝材となり、上家の揺れを小さく抑え、耐震住宅としての威力を発揮し、倒壊等の被害はなかった。

鋼製地下室はRCと違い、割れもなく、鉄独特の粘りのある特質も効をなしたものと思います。
鋼製地下室“ちかやねん”の頑丈さを阪神大震災が証明してくれました。

*

3.防水・防湿設計の“ちかやねん”

いくら温湿度変化が少なく、“夏涼しく冬暖かい”快適空間な地下室でも水の侵入・湿気・結露・カビが蔓延するような地下室ではただの高価な箱にすぎません。そんな心配が今までの地下室にはありました。

「ちかやねん」はそんな懸念を払拭する防水・防湿設計の鋼製地下室です。
防水対策の一点目は、鉄は水を通さないこと。まさに「地中の潜水艦」。二点目はユニットの接合部に水膨張シール材で結合し、地下室の周囲を生コンで被覆。水の侵入を防いでいます。
防湿対策は室内の全面に硬質ウレタンを吹付けて断熱対策を施します。ウレタンと内装材の間に空気層があり、そこにファンで外気を送り込み地下室内に給気、汚れた空気はダクトを通じ、外部へ排気します。
空気層と地下室内の空気は常に還流し、空気の流れで湿気を抑制します。

以上の対策でジメジメとした昔の地下室のイメージを払拭しています。

壁の断面図の写真

4.空気層を活用した地下室の換気方法

地中にある地下室は周囲を躯体に覆われ、高気密・高断熱な箱の状態を保っています。ですから、地下室内に空気の流れが無ければ息苦しく、空気が滞留するとカビの発生にもつながり、健康を害する恐れがあります。

その点、「ちかやねん」には壁・床・天井の六面体に空気層があります。ここに外気をファンで送り込み、床部に取付けたグリルから地下室内に給気。
地下室内の汚れた空気は排気グリルを通じ、外部へ排出。ファンで強制的に送り込まれた空気を自然排気する第二種換気を採用。1時間に2回以上の空気の回転を心がけています。

高温・多湿の夏場は天井から送り込まれた外気が床近くに取付けたグリルに来るまでに地下室温に馴染んだ状態で送り込み、結露の発生を防いでいます。特に夏場の換気については”弱運転”で”ゆっくり”を心がけてください。

ウレタンの凸凹の表面および内装材の工夫した仕上げにより反響音を抑えることができ、空気層の存在が音質にいいと音楽愛好家の皆さんに好評です。

貸しスタジオ、音楽室、オーディオルーム、シアタールームなど音のあるご利用が特に目を引きます。
一方、外の喧騒から逃れ、静寂な自分空間をお楽しみになられるご利用方法もあります。例えば、図書室とかワーキングルーム。

5.上家の立ち上がり基礎費用が不要となります

高価な費用を投下しての地下室です。地下室と上家とを一体化させることにより耐震性が増しますので是非一体化をお勧めいたします。
「ちかやねん」は木造、軽量鉄骨の3階建までの住宅なら基礎として上家荷重を受けることが可能です。
その方法として

1、ベタ基礎と地下室の天端を一体化する方法
2、地下室の上部を地上に出し、その上に上家を直接のせる

方法の二通りがあります。

1は「ちかやねん」が約3m強の深基礎となり上家の耐震性が増します。2は地下室を地盤面より4〜500出し、直接上家を乗せることにより、その部分の立ち上がり基礎工事が全て不要となります。さらに上家の耐震性が上回ることとなり、まさに”一石二鳥”。

6.工場内製作で品質が安定

製作についてはmm単位の精度が要求され、溶接不良による水漏れ絶対防止等の繊細な作業をこなすには安定した作業環境が必要です。

風雨の影響を直接受ける現場作業ではこのような神経を使う作業は到底無理。
「ちかやねん」は環境整備を整えた指定工場内で全てユニット製作します。
そして現場にトラックで搬送し、現場でユニットを結合して据えつけます。

屋外作業は据付作業のみ。作業は半日で終了します。工事現場での作業を出来るだけ少なく、心がけています。ですから品質に確実性と安定性があり、信頼性を得ています。

7.広い有効面積の“ちかやねん”

「ちかやねん」には原則的に室内に柱・梁は存在しません。
ですからRC地下室と比較し約2割程度の有効面積の違いがあります。
壁圧も薄く、掘削量も少ない。
「ちかやねん」の各部仕上がりは次の通りです(単位=mm)。比較してみてください。

(*「ちかやねん」には壁・床・天井内の中にウレタンと空気層もあります)
是非、有効面積の広さも加味して坪単価を比較してみて下さい。

8.土木工程が短期

地下室を設けるには必ず地中深く掘削する必要があります。
当然、土留め工事をした上での掘削となりますが土留めをしてても大きな穴の空いている期間は可能な限り短い方が安心です。

工場で製作された「ちかやねん」はユニットで現場へ搬入され、現場では据付作業をするだけ。約半日で目途はつきます。

土木工事も製作工程を確認しながら開始し、無駄な日数を省いています。
土木着工から地下室のお引渡しまで、約10日間という短期間で完成するのもRCとの大きな違いの一つです。

株式会社アイ・ベースメント フリーダイヤル0120-381-763

本社

〒572-0013
大阪府寝屋川市三井ヶ丘1丁目4-9-302
TEL(072)837-2510 FAX(072)837-2511

東京営業所

〒179-0083
東京都練馬区平和台3-24-10 リベラル・ワタド 206
TEL(03)-5398-7305

*
*
トップページ
地下室の特典
鋼製地下室“ちかやねん”はここが違う
商品紹介
利用の仕方
工程
*
*
Copyright(c) i-basement Co.,Ltd. All right Reserved.